ミスを訂正する訂正印

訂正印イメージ

申込書、契約書など、各種用紙にハンコを押すことは、よくあることです。
なので、多くの人々が自分用のハンコを持っています。

しかし、用紙への記入を間違えた場合の訂正用ハンコは持っている人と持っていない人の両パターンいらっしゃいます。
そもそも文字の記入ミスの場合、どう対処するか。

用紙や提出先によって、訂正方法は異なりますが、よくある訂正方法は、間違って記入した部分に二重線を引き、その部分に訂正印を押し、すぐ上か下に正しい文字を書きます。

訂正印は自分が間違えて記入したということと、それを訂正することを認めるための印です。
修正液や修正ペンを使用できない用紙には、訂正印が必要な場合が多いです。

訂正印というと、小さいハンコというイメージですが、普通の認印でも対応できます。
ただ、訂正印の方が、押した時に記入欄の邪魔にならないし、見た目も少し控えめになります。

そんなに頻繁に間違えることはないので、要らないという人もたくさん居ると思います。
なので、書類提出が多い方や、お仕事で訂正印を使うことが多い方は普通に持っている場合が多いです。

私は仕事で使いますので、訂正印は仕事用として持っています。
持っていないよりは、あったほうが安心なので、機会があれば、作ってみるものよいでしょう。

小さい印なので、印鑑ケースに認印と一緒に入れておいても邪魔になりません。
訂正印が収納できるスペースが付いている印鑑ケースもありますよ。

ページの先頭へ